RBSMはゲームだけが生き甲斐

warframeは好きだけど、DEはほろべ

Warframe その4

その4

お題はハロウィンアプデの「終わらない悪夢」全般

 

内容は例年の通りのハロウィンに合わせたアラートミッションとスキン等の販売物に加えて、星系3.0で消滅していたナイトメアミッションの復活。

 

■ハロウィンアラート

基本的な内容は前年と同じ。控えめに言って面白さの欠片もないクソミッション。

ヘルス制限で100/100にされ、武器制限で素手になって、オブジェクトでハロウィン版ジャガーノートを倒すという嫌がらせをさせられるといった内容。

 

今回はこれにタイムアタックがついて嫌がらせ力がアップデートされてた。

 

攻略フレームは高装甲なヴァル辺り。

高装甲の方がよいけど所詮は100/100なのでパッシブスキルで選んでもいい。

 

ミッションは地球ラン⇒セル運び⇒ジャガノ戯れといった具合に進行。

序盤の地球ランは嫌がらせで視界が悪化しつつ、嫌がらせで引っかかりやすいマップ、細くて感染体が詰まるマップがチョイスされているのであまりぶっ飛び過ぎないように注意。

細い経路は祈る。

 

セル運びは2箇所。オレンジ棒がマップに出てるのでそこを目安に即サイファーったり、連打で解除を祈ったり。

基本的に即解除でないと感染体に殴られて死に至る。軽症ですんでもセル拾う際の糞遅いモーションで殴られたりするので基本祈る。

 

ジャガノ戦は炎オブジェクト破壊後、ひたすら炎の中でジャンプして煽って可能か限り炎の中にジャガノが滞在するように努力する。

ジャガノのタックル等でマップに引っかかって戻ってこないとか普通に起こる糞仕様なのでそうならないように祈る。

 

タイムアタックスコアの達成ラインである「666」はソロでも十分突破可能なのでソロ推奨。このゲームにて野良で遭遇できるプレイヤーは本当に愚図&クズなのでむしろ突破率下がる。

セル運びとか2手に分かれないどころか平然と自分以外が扉前待機とかやる。

 

 

■ハロウィン販売物

スキンやハロウィン限定アーマー、限定シャンダナ、カラーパレットなど装飾物。

肩アーマーはガワ変えでないものもあるので要チェック

 

 

■ナイトメアモード復活

星系ミッションにナイトメアモード復活。

これに伴い新制限と新mod、そしてクリア後に8時間待ちの制限が追加。

 

新制限にはフレンドリファイアモードなる制限があり、武器攻撃が味方に当る仕様。

野良は上で行った通りに知性の欠片もないプレイヤーが99%なので言わずもがな面倒になるのでソロったりで。

 

新modは3つ

1.Streamlined Form

コスト7 / 武器切り替え速度+60% / スライディング加速+15% / 摩擦力-15%

 

2.Chilling Reload

⇒コスト5 / 冷ダメ+60% / リロード速度+40%

 

3.Drifting Contact

コスト5 / コンボ持続時間+10s / 状態異常確率+40%

 

1はエクシラスmod

内容自体は優秀なんだけど、そもそもデフォのクソ遅い切り替えをこちらのmod枠使って解消させるのを止めろ。

 

2はショットガンmod

イベmodと同じ60%を保ちつつ、コストが下がり、有能なリロード速度付きとか破格。

言わずもがな優秀。

 

3は近接mod

これまた優秀。近接をメインに振る前提ならだいたい必須といえるBody Countと同じコンボ時間維持。しかもコスト減。

Body Countと合わせてASHのBS補正を維持したりなんてのも出来る。